バストアップ方法口コミ効果検討会

おっぱいが大きくなるのかという仕組み

バストアップ方法口コミ効果検討会

 

なぜおっぱいが大きくなるのかという仕組みは、知っているようで知らないという方が多いようです。
仕組みを知ると、大きくなる理由がわかります。

 

おっぱい体操が効果的という理由にもつながるおっぱいの仕組みについて確認してみましょう。

 

おっぱいはその90%が脂肪で、残りに10パーセントが乳腺です。
乳腺とは母乳を作る組織であり、女性にとって大切なものです。

 

だからその乳腺を保護するため90%もの脂肪がつき守っているのです。
つまり、おっぱいを大きくするためには乳腺を発達させる必要があるということになります。

 

では乳腺を発達させるのにはどうすればいいのかというと、女性ホルモンの分泌を促してあげることが大切です。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、
どちらもバストアップには効果的ですが、

 

どちらかというとプロゲステロンは妊娠や母乳に関わっているので、純粋にバストアップを望むならエストロゲンです。

 

ただ、エストロゲンをいたずらに増やすとホルモンバランスが崩れてしまいます。
大切なのはホルモンバランスを整えてあげる事です。
エストロゲンの分泌を増やすということではなく、バランスを整えることを考えましょう。

ストレスがホルモンバランスを崩す

現代の女性は様々なストレスにさらされており、そのためホルモンバランスを崩してしまう人も珍しくありません。
ホルモンのバランスが整って乳腺を発達させることができれば、それを守るために脂肪がついていくでしょう。

 

ただし、例えホルモンバランスが整っても、血行が悪く体に老廃物や毒素が溜まっている状態だと、
思ったようにバストアップすることができません。

 

体にエストロゲンをしっかり巡らせてあげることが大切なのです。

 

具体的にはマッサージなどで血行を良くして老廃物を溜めないようにすることが必要です。
それによってエストロゲンが体に廻り、乳腺を発達させて質の良い脂肪がおっぱいにつき、大きくふわふわのおっぱいになるのです。

 

おっぱい体操は老廃物を体外に排出する効果と、ホルモンバランスを整える効果を持っています。
つまり、おっぱいを大きくするのに適した方法だと言えるでしょう。
1日2回朝晩、毎日続けていくことでおっぱいを大きく、そして維持していくことができます。